2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バポの話 スニマンアラム編その8
2015/12/11(Fri)
懐かしいちいちゃんからメールが来た。

ちいちゃんは数年前にベルギーへ行ってしまった。
スルヤムトゥの仲間だった。
亜実ちゃんと並ぶキッズの、といってももう中学生だったからキッズというと叱られちゃうね。
中学生だったけど、亜実ちゃんと並んで芸歴10年くらいになりなんとする
堂々たる2大トップダンサーだった。
そのちいちゃんがお父さんの転勤でベルギーに行っちゃった時は
それはそれは寂しくて
本当に本当に寂しかった。

そのちいちゃんが、ベルギーの学校でバリ舞踊について研究するという。
つきましては質問が色々あってメールしました…
との事だったが

その内容が

さて、ひと言では語れないぞ。

バリ人にとって「バリ舞踊とはなんぞや」
はたまた日本人で日本でバリ舞踊をなりわいとしている私にとって「バリ舞踊とはなんぞや」

…ときたもんだ。

それで、どうやって返事をしたもんかいろいろ考えあぐねて
ふと思いあたったのがボナの師匠、「バポ シジャ」のことだ。

はっ!
そういえば数年前、バポのドキュメンタリーを書きだしたんだった。
あれ、どうなったっけ。
自分で書いといて、しかもFacebookに同期までしてたのにどうなったか全然覚えてない。
世のため人のためにならないブログ、「どうぞそのまま」
このブログだ!
…をさかのぼってみた。

あっ!
2012年7月9日で止まっている。

しかも最後の行に
「つづく・・・。」
の文字

つづいてない・・・。

つづかせよう。

というわけで、ちいちゃんへの何らかの返事にもなると思い、以下3年半ぶりに続きを書く事にした。

☆プナプナ139号 (2004年12月21日発行)

バポのタオルを洗いたい。

ここへ来てからずっと毎日肌身離さず持ってるオレンジ色の煮〆タオル。
バリの年寄り編 画像参照

たぶん私が来る前から持ってるんだろう。洗濯機でガーッと洗ってハイターかけたい。

・・・と思って朝の楽しみ「テ パナス」をしてると
バポが
「こっち来い。」
「クラスをこの人がやるから見てろ」。

ここで解説。

テ パナスとは熱い紅茶のこと。
朝の日課で、起きるとまず熱くて甘い紅茶を飲むのだ。
すでに勝手知ったる台所、自分で紅茶を作って飲むわけだが、イブ サリが用意したのをそのまま飲むと
凄く甘いので自分で砂糖の量を調節して作る事にしている。
時にはそこにサリがざくざくと切った生のショウガをぶち込むのだが、それがおいしい。

で、「クラス」とはトペン クラスのこと。数あるトペンの演目の中でも荒型の部類に入る、私の今の実力じゃ
とうてい無理な雲の上レベルの演目。

【Topeng Keras トペン クラス】
バポのクラス



バポに見てろと言われたので従順な私はすかさず
「この人」とよばれた「スアルタ氏」のそばにはせ参じる。

「見てろ」とは言われたがしばらくたっても踊りは始まらず、バポ、スアルタ氏、私の3人でしばし談笑。
そのうちバポはフッと私とスアルタ氏だけ残して自分の部屋行っちゃった。
何が言いたかったんだろうと例のごとく推し量る。
とにかくトペンの話に持っていかないと。

で、結果かなり勉強になった。
①トペンクラスはダレムを守る役目の人。
②トペントゥア(おじいさんの踊り)のトゥアも昔は王様だった。
③スバン(耳飾り)をつけたトペンは女性を表し、いつもルジャンを踊る。
④トペンクラスは視線を遠くに投げる。
⑤その次に出てくるブタのお面の踊り手はバンジャール(隣組)の代表役。
⑥ジャウック(長い爪をつけたぐりぐり目玉の仮面をつけた踊り)は動きを自分で場に応じて作る。
などなど。

2時間近く話を聞いて、スアルタ氏は帰っていった。

そうか。バポはこの人でトペンの知識を得なさいと言いたかったのだよね。

スアルタ氏が帰ったあと、バポにどうだったかと聞かれたので、こんな話しました、と言ったら
うんうんとうなづいていた。

そんなこんなの毎日で、
例によって突然「踊りに行くぞ」とあちこちで踊り、
そのたびにある時は500ルピア、ある時は20000ルピアとありがたく頂戴し、
その20000ルピア札は今でも大事にいつも財布の中に入れて何かお守り代わりになっている。

毎回一つずつ解っていくところがあり、少しずつだが階段をのぼらせてもらった。

ある時の目からうろこ体験は、仮面の下の表情。
前にも書いたが
ある場面でバポから「顔が死んでたぞ」とご注意をうけたように、
仮面をつけててもその下の表情がどんなんだかバポははっきりわかっちゃう。

ある時呼ばれて「そこ、やってみよ。」と
言われ、そこは笑えと言われていたのでそうしてみたのだが何回やってもダメだしが続く。
迷いながらやってると

「おい、タパル(お面のこと)はどんな顔してんだ?」と聞かれ
「・・・・・?」と考えていると、
「歯を見せてるだろう?」とバポ。

「あっ?!」そうだったのか。
歯を見せて笑わないといけないんだ。
それで、歯を見せてうっすらと笑ったら

「それでいいんだ。わかったか?」

バリダンスでは歯を見せて踊るのは最大のタブーとたたきこまれていたが

それは一般の踊りのことで、トペンは違うんだと初めてわかった日だった。

【Topeng Dalem トペン ダレム】 別名Arsa Wijaya (アルサウィジャヤ)
バポのダレム
この記事のURL | バリ、インドネシア | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。