2012 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
第11回 阿佐ヶ谷バリ舞踊祭
2012/07/09(Mon)
質、量ともに国内最大級のメガイベント「阿佐ヶ谷バリ舞踊祭」が8月に開催されます。
そこに東京のP田さんにそそのかされて「ManusaPada(マヌサパダ)」という
今まで聞いたことも見たこともない踊りで私も参加する事になりました。
目下その練習中でありまして、伝統曲ではない演目、新しく作られた踊りに特有の
けったいな(?)振りと格闘中であります。

クリックで拡大
asagaya1.jpg asagaya2.jpg
チラシ表         チラシ裏

2012年8月4、5日(土・日) 17時~(両日とも)
阿佐ヶ谷神明宮 東京都杉並区阿佐谷北1-25-5
雨天決行
入場無料
詳しい情報は阿佐ヶ谷バリ舞踊祭のサイトへ!

皆様のお越しを心よりお待ちしております。
スポンサーサイト
この記事のURL | ダンス | CM(0) | ▲ top
バポの話 スニマンアラム編その7
2012/07/09(Mon)
プナプナ138号 (2004年12月8日発行)


バポ シジャの話はまだまだ続く。
もう飽きた?うん、ごめんね。
でもやめないよ。

さあ、どこまで書いたっけ。
うん、金弐千ルピア也の巻までだった。
さんざんなアルサデビューのあと、
私は一人稽古でカウントと動きをきちんと合わせるってのを徹底的に追求してみた。
なるほど、段々合ってくるのがわかる。

 午後、バポが部屋の外でタパル(お面のこと)を彫りだしたのですかさず私もそばで稽古。
例によって私には目もくれないが、もちろん気にせず音合わせを追求。
そうこうしてると陽気な二人組「カデとスジャポル」が来た。

バポがちょうどいいとばかりに「プナサールと合わせろ」。

ここで解説。
トペンという踊りは単独の踊りが次々入れ替わって演じられるだけでなく、
複数の踊り手が場面に出ている時がある。
アルサウィジャヤ(ダレムともいう)では場にプナサールという役回りの踊り手が一緒に出ていて、
ダレムが登場してしばらくは対面に控えているのだが、中盤から一緒に踊るのだ。
それをバポは、「ほれ、いい練習相手が来た。合わせて見れや。」ということなのだ。
カデもスジャポルもまだ若いけど、りっぱな踊り手さん。
ちょっとドキドキ。
後半でちょっと間違えたけど2回目ぴったり。音の合わせ方も昨日のバポの言葉通りだった。

どんなに音楽が違ってもカウントの事だけ考えてればいいんだ。
そう言った。
自分でも時々早すぎたり遅すぎたりしてしまうんだ、とも。
そうゴンをしっかり聞き分けながら踊ることが鍵なんだ。
皆もそうだと思うけど、テンポが速くなったりまた速い遅いの変化が急だったりすると
拍がわからなくなっちゃう事ってあるよね。
速くなったら速くなったように拍を身体で感じなければいけないし、遅くなってもそれは同じ。

それは拍を1,2,・・・と数えながら踊ることではなく、
正確に拍の刻みを身体で理解しながら踊るという事なんだろうと思う。
だから、カウントというと数えることかと思われるかもしれないがそうではなく、
たとえばメロディーに合わせて手拍子を正確なリズムで入れられるかなどに近い感覚だ。
こういう感覚を研ぎ澄ましていると音がよく聞き分けられるような気がする。
ゴンの音だけでなく、カジャールやその他の音も。
この二人組との時間は本当に有り難かった。

次の日。

また、朝からお供え物がどっさり届く。
午後バポが踊るというので楽しみにして朝からビデオの用意念入りにして、
なんやらもうこれ以上焼けたくないと久々メイクもし、
マンディもしっかりして着てくものも決めてばっちり準備していた。
(やっとバポのダレムが観られるよォ。わくわく。)
ところが、出発の時になって
「おまえも踊るんだぞ」
「バポ~急すぎるって~。」
しかも今日は2ステージだという。

マッハで準備して出発。
同じ敷地内で場所を変えて2回踊る。
二日前の初めての時より2回目、そして3回目と確実に階段はのぼった。
3回目は音がすんごくゆっくり。
2回目で肩の上がり方が不足と言われたので3回目はすごいがんばって上げてた。
あとは立つところで顔がマティ(死んでるってこと。トペンはお面をつけてて踊り手の顔は外へ見えないのだが、見えてるのと同じように踊らないとだめ。)
歩いて後ろむくところの足取りも☓
でもこの足取りは2回しかやってくれないのでまだ把握できていない。等々を注意してもらえた。
音はばっちり合った。
こうして実践で学べとバポは口に出しては言わないが教えてくれた。                                 

つづく・・・。
この記事のURL | バリ、インドネシア | CM(0) | ▲ top
バポの話 スニマンアラム編その6
2012/07/01(Sun)
プナプナ135号 (2004年11月16日発行)


ボロボロ最悪で悔しかったアルサデビューの話はまだ続きがある。
この日は「何故踊るのか」という究極的な問いかけが頭の中をぐるぐるしていたのだが、
まあそっから派生したあれこれがさらに湯水のように沸き出してきて、
日頃頭を使ってない私は知恵熱出すんじゃないかくらいの頭脳エネルギーを消費した。
出さなかったけど。

そんなこと知るはずもないバポは、踊り終わった私にな・な・なんと!!もうほんとうに、
ほんっとうに人生で2番目くらいにびっくりしたんだけど。
お金をくれた。
金弐千ルピア也。
畏れ多いのでこう書きたくなる。
もったいなやもったいなや。
2000ルピアあればナシブンクス(ご飯とおかずを紙に包んだもの)なら2食分、
ピサンゴレン(バナナフリッター)なら10コは買える。


「さっきバポがいっぱいもらってたの知ってるだろ。いいんだ。とっとけ。」
「そ、そんな。バポ。受け取れませんって。ご冗談でしょ。お納め下さいまし~。」
と訴えたのですが、全然聞いてない。
一緒に踊らせてもらえるだけですごい事なのに、しかもあんなひどい出来で・・・。
もらえないって。


 私はそれまでひとつ守ってきた自分なりの考えがある。
この前も書いたけど、バリ人じゃない私はもちろん異教徒。
なので、バリで踊ることについては遠慮するのが私のやり方、と思ってきた。
それまでに、数は多くないけど誘われた時はお断りしてきた。
それを破ったのは、他でもないバポの指示、指示じゃない、あれは命令。
そう他でもない「神様」バポの命令だったからだ。
彼の前で「ノー」と言うことはできなかった。
ただでさえ、自分の禁を破って後ろめたい気分なのに、お金までもらってしまった。

(だめだぁ~。こっちが払いたいくらいなのに。
このお金で明日サリに何か買っていこ。ワルンでジャジャンでも買おうっと。)

「サリ」とは一緒に住んでいる娘さんで、勤めに出ながらバポの身の回りの世話を一手に引き受けている働
き者。
お嫁さんいるんだけど、サリがいないとこのうちは回っていかない。
せめて旦那さんが働きに出てくれたらサリはもっと楽になるだろうに。

サリは食いしん坊。
おいしいもんでも買っていこ、と何買ったか忘れたけどそれを持ってトントンと部屋の戸をノック。
サリが出てきた。
不審気な顔。眉が曇っている。
「サリ、これ食べてね。」と渡すとその眉が一度に晴れた。
にっこり笑って受け取ってくれた。
まあ、これが結構私は嬉しかった。
サリの笑い顔は滅多に見たことなかったから。
で、後ろめたい私の気分も少しは晴れたっていうお話。
もう少し後ろめたさに甘んじるべきだったが・・・。


…つづく。
この記事のURL | バリ、インドネシア | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。